【iOS11】設定から簡単にiPhoneの電源を切る方法

SPONSORED LINK

iOS11からiPhoneの電源を簡単に切ることができるようになりました。

iOS10では、スリープボタンを長押しして電源を切る方法か、iPhoneの画面をカスタマイズして切る方法しかありませんでしたが、iOS11からは画面上の簡単な操作のみで電源を切ることができるようになりました。

ちょっとしたことですが、一応新機能なので紹介します。

iPhoneの画面上で電源を切る方法

iPhoneのホーム画面から設定を開いて「一般」をタップします。

画面下部の「システム終了」をタップします。

「スライドで電源オフ」を左から右へスライドします。

以上で、電源を切ることができます。

電源を入れる時は以前と同じようにスリープボタンを長押しします。

終わりに

今回はiPhoneの電源を画面上から切る新しい方法を紹介しました。

これで、もしスリープボタンが壊れて反応しなくなっても電源を落とすことができます。(あまりないかと思いますが…。)

ただ、電源長押しの方が時間的には早いです。

ボタンに何か不具合が起こった時だけ使いそうですね。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください