ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えるまで

SPONSORED LINK

こんにちは、鴨太です。

最近(というよりも近年?)巷で「格安SIM」という言葉をよく耳にするようになってきました。

テレビのCMや某動画サイトの広告やインターネット広告にも幅広く広告を出しています。

私はソフトバンクを契約しているのですが、巷に溢れている広告や、格安SIMを使っている友人からの意見を聞いているうちに自分も格安SIMに変えようかな〜と思ってきました。

ということで今回は、ソフトバンクから格安SIMの楽天モバイルに乗り換えるまでの流れを紹介していきます。

※ご紹介する流れに使用している携帯はiPhoneになります。

なぜソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えるのか

何故私が2年間契約していたソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えようと思ったのかつらつらと文字に起こします。

専門的な考えではなく、とても単純な理由です。

料金が安い

なぜ私がソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えるのか?

ズバリ、料金の差です。

ソフトバンクでは毎月9,000円〜10,000円支払っていましたが、楽天モバイルのプラン「スーパーホーダイ」では毎月1,980円(税抜)で使用することができます。

乗り換えるだけで、毎月7,000円〜8,000円も節約。

これは心踊ります。

度重なる不幸とタイミング

ソフトバンクでずっとiPhoneを使用していましたが、度重なるiPhoneのiOSアップデートにより、iPhoneは具合の塊になっていました。

不具合の塊であるiPhoneに嫌気が差し、新しいiPhoneを購入しようと思っていた時に今がちょうどソフトバンクの契約更新月であることに気づきます。

なんといいタイミング。

ソフトバンクで使用していたiPhone6をそのまま楽天モバイルで使おうと思いましたが、iPhone6ではSIMロックの解除ができず断念、いや、ちょうど買い換えようと思っていたのでいい機会でした。

まずは何をすればいいの?

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えようと思ってもまずは何からすればいいのかわからない方も大勢いるかと思います。

私もそうでした。

そこで、私が楽天モバイルに乗り換える時に調べたことを書いていきたいと思います。

今使っているスマホがSIMロック解除できるか?

現在、ソフトバンクで契約しているスマホを楽天モバイルでそのまま使用するには、SIMロック解除が必要です。

SIMロックとは、各携帯事業者が自社以外の通信を使えないようにしているロックのことです。

例えば、ドコモで契約したスマホはドコモ製のSIMか、ドコモの回線を使用している格安SIMでしか使えません。

このロック解除をすることで、ソフトバンクから解約した後も楽天モバイルでスマホを使用することができます。

ちなみに、楽天モバイルはNTTドコモの回線を借りてサービスを行っているため、ドコモで契約していたスマホか、SIMフリーのスマホ(SIMロック解除したスマホ)でしか使用することはできません。

SIMロック解除できるiPhoneは?

iPhone全てがSIMロック解除できる訳ではありません。

2015年5月以降に発売された機種で、SIMロック解除に対応しているモデルのみロック解除をすることができます。

ちなみにiPhoneでは、以下の機種が該当しています。

・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone SE
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone X

更に、ソフトバンクでは機種の支払い方法によって、SIMロック解除に以下の日数制限があります。

分割払いで機種を購入した方は、機種購入日から101日目以降

一括払いで機種を購入された方は、一括払いの支払確認後

詳細は以下のリンクからご確認くださいませ。

SIMロック解除の一部受付条件変更のご案内

電話で直接確認するのもいいかもしれません。

電話で問い合わせをする(総合案内)

SPONSORED LINK

キャリアメールで登録しているメルマガやサイトはあるか?

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える際に、やっぱりやめようと思う理由である個人的ナンバーワンがあります。

それは、キャリアメールが消滅することです。

今やコミュニケーションツールはキャリアメールにかわり、LINEが主な時代ですが、私は多くのサイトにキャリアメールで登録しており、更にアプリのバックアップIDなどもキャリアメールで統一していました。

そこで、楽天モバイルに乗り換えキャリアメールが消滅する前に、サイトに登録していたキャリアメールを全てGmailへ変更しました。

これがなんとも面倒臭い。

最初からGmailで登録しておくべきでした。

変更しなくてもログインできるサイトが多いかとは思いますが、心配性な私は全て変更してから楽天モバイルに契約をしました。

楽天モバイルへ乗り換えを考えている方、キャリアメールがなくなる前に対策はしておきましょう。

MNP予約番号を受け取ろう!

ここまで準備ができたら、ソフトバンクからMNP(番号ポータビリティ)予約番号を受け取ります。

MNP予約番号とは?

MNP予約番号とは、ソフトバンクから他社へ乗り換える際に、ソフトンバンクで使用していた電話番号を他社でも使用するために必要な予約番号のことです。

電話番号が変わってしまうと多くの人に「電話番号が変わりました!」と報告しなくてはならず、面倒くさいので楽天モバイルへ乗り換える前に必ずMNP予約番号を受け取ります。

MNP予約番号を受け取るにはMNP転出手数料として¥3,000もしくは¥5,000が必要になり、MNP予約番号の有効期限は予約日を含めて15日間です。

MNP予約番号を受け取る

ソフトバンクからMNP予約番号を受け取るには店舗に行くか、My Softbank(3Gケータイのみ)で受け取るか、専用窓口へ電話をするかの3択があります。

電話は無料とのことなので、今回は専用窓口へ電話をしてMNP予約番号を受け取ります。

専用窓口の電話番号は、ソフトバンク携帯電話から *5533フリーコールもしくは0800-100-5533です。

電話をかけると、Y!mobile、au、docomo、その他MVNOのどこへ乗り換えるか自動音声で聞かれた後に、契約時に決めた4桁の暗唱番号の入力を求められます。

4桁の暗証番号を入力してしばらくするとオペレーターに繋がり、本人確認、どこのMVNOに乗り換えるのか、乗り換えた後のMVNOの月々の料金はいくらか、ソフトバンクでこのまま契約を続けないか等聞かれます。

一通り話した後に、Y!mobileであれば2年間1980円になる特典があるのでそちらにしてはどうかと聞かれ、少し悩んでしまいましたがお断りしました。

その後に、ソフトバンクでかかる費用が¥3,240であることと(今月が契約更新月であったため解約料金は発生しませんでした)、楽天モバイルの方でも事務手数料がかかること、MNP予約番号はSMSで送られることを伝えられ電話は終わりました。

電話が終わって4分ほどでSMSにMNP予約番号が届きました。

ソフトバンクのMNP予約番号

楽天モバイルの実店舗へ

MNP予約番号の取得までできたら、後は楽天モバイルの実店舗に行くだけです。

自宅でインターネットから楽天モバイルの契約もできるのですが、インターネット経由での申し込みでは契約してからSIMカードが届くまで1週間程度かかるとのことなので、実店舗での契約にしました。

実店舗での契約であれば、その日のうちにSIMカードを受け取ることができます。

実店舗で楽天モバイルに契約

楽天モバイルの実店舗に着くと多くのお客さんがいました。

店員さんにソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えたい旨を伝えると、混み合っているため持ってもらう必要があるとのこと。

だいたい40分ほど待ってようやく順番が来ました。

そこからは、MNP予約番号の照合、契約したいプランの確認、登録作業、SIMカードの挿入と設定という流れでした。

SIMカードの挿入

SIMカードの挿入についてですが、自分でやるものだと思っていたら店舗の店員さんが目の前でしてくれました。

事前にAppleストアで購入したSIMフリーのiPhoneSEを渡すと、目の前で手際よくSIMカードを挿入してくれました。

慣れているだけあって、一回も滞ることなく無事にSIMカードは挿入されました。

(本当は、SIMカードを入れる手順もこの記事で紹介したかった‥。)

楽天モバイルの設定

SIMカードを挿入した後は、インターネットからプロファイルをiPhoneにインストールしなければいけません。

SIMカードを挿入してもらったら後は自分でしようと思っていたのですが、プロファイルのインストールも店舗の店員さんが目の前でシュッとしてくれました。

(この設定もこの記事で紹介しようと思っていましたが‥でもありがとう店員さん!)

設定が完了すると、インターネットが使えるか、電話の受信・発信ができるかを目の前で試してくれます。

インターネットの使用、電話の受信・発信が確認できたら終了です。

これで、楽天モバイルに契約したiPhoneをその日のうちから使用することができます。

楽天モバイルに契約するまでの簡単な時系列

楽天モバイルの実店舗に着いてから、契約が終わるまでの簡単な流れは以下のようになります。

時間 内容
16:47〜17:30 待ち
17:31〜17:34 MNP予約番号の照合
17:35〜17:46 契約内容を選択
17:47〜17:55 待ち
17:56〜18:03 契約における注意事項説明
18:04〜18:25 楽天モバイル登録作業
18:26〜18:33 SIMカード作成。5分〜10分間インターネット、電話が使えなくなると伝えられる。
18:34〜18:55 SIMカード挿入、楽天プロファイルのインストール、インターネットが使えるか、111に電話して、受信・発信ができるか確認。

実店舗で契約するとこのような感じでした。

週末の来店客が多い日に行ってしまったので、待ち時間も含めて約2時間ほどかかりました。

何か動きがあるたびに店員さんの目の前で時間をポチポチとメモしていたので、かなり怪しい人物に見えていたかもしれません。

地味に苦労して時間をメモしたので、是非参考までにご覧ください。

終わりに

皆様、いかがでしたでしょうか。

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える前までに確認することやすべきことが以外に多かったかと思います。

ここまで見ると、乗り換えるの面倒臭そうと思われるかもしれませんが、やってみれば案外すぐ終わりますよ。

ここを乗り越えることで、毎月の料金が節約できることを考えると行動力もグングン上がります。

一個人の楽天モバイルへ契約する流れとして、是非参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

キャッチアイ画像引用元:価格.com
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください