運送業界を救う?再配達がワンタップでできるアプリ「ウケトル」が超便利

SPONSORED LINK

こんにちは。

突然ですがみなさん、インターネットショッピングしてますか?

Amazon、楽天、Yahooショッピング、メルカリなどなど現在インターネット上には様々なショッピングサイトが存在しています。

サイト上で欲しい商品をクリックするだけで自宅にいながら購入することができ、更に家まで届けてくれるサービスはこの時代とてもポピュラーなものになっています。

ただ、商品を届けてくれる時間帯を指定していても、急な残業があったり、配達日を忘れて外出してしまったりと、商品を受け取ることができず再配達を依頼することもあるかと思います。

今までの再配達依頼方法は、配達員の方が置いていった不在票を見て、電話で再配達を依頼する方法が一般的でした。

しかし!

ついに再配達がアプリで依頼できるようになりました。

(実は随分前からあったみたいなのですが、私は存在すら知らず最近知りました…)

そこで今回は、再配達をアプリで依頼できる超便利なアプリ「ウケトル」を紹介します。


SPONSORED LINK

再配達は無料?有料?

再配達依頼アプリ「ウケトル」を知る前まで、私は家に置かれた不在票に書いてある電話番号に電話をして、再配達依頼をしていました。

でもこれって固定電話からは無料でできますが、携帯からだと有料なんですよね。

私も含めて、今時の若者で固定電話を持っている方は少ないのではないでしょうか?

しかし!

再配達アプリ「ウケトル」では、ワンタップで、更に無料で再配達依頼を出すことができます。

ウケトルで再配達依頼をする

それでは実際にウケトルで再配達依頼を出してみます。

ちょうど会社からきた郵便物が受け取れず、不在票がポストに入っていましたので、日本郵便へ再配達依頼を出します。

まずは、ウケトルを開き中央下の「+」ボタンをタップします。

「問い合わせ番号」欄に不在票に記載されている番号、「メモ」欄は自由に記入し、配達業者を「ヤマト運輸」「日本郵便」「佐川急便」の中から選択します。

今回は「日本郵便」を選択して、「追跡開始」ボタンをタップします。

問い合わせ番号と配達業者が正しければ、現在の配送詳細が表示されます。

今回は不在で受け取ることができなかったので、右下の「再配達依頼」ボタンをタップします。

<初めて再配達依頼を出す時は、再配達に必要な情報を入力する必要があります。

再配達依頼が2度目以降であれば、前回入力した情報が入力された状態で画面が表示されます。

全ての入力欄に入力し終えたら「再配達を依頼する」ボタンをタップします。

「再配達(配達業者名)再配達の依頼をしました」と表示されれば、再配達依頼完了になります。

SPONSORED LINK

配送状況を確認

画面左下の「配送リスト」をタップすることで、現在配送されている荷物の状況を確認することができます。

赤いマークにチェックついていれば再配達依頼がされていることになります。

上記配送リストの中で詳細を見たいものをタップすることで、配達状況の詳細が表示され、荷物がどのようなルートを通ってきたか、今荷物がどこに保管されているのか、荷物が配送中なのか等確認することができます。

再配達が完了

無事、再配達が完了した後に画面右下の「配達完了」ボタンをタップすることで、再配達以外にも今までウケトルを通して配達された荷物の配送内容を見ることができます。

見たい配送内容をタップすることでその荷物の配送詳細を見ることができます。

自動更新でもっと便利に

ウケトルでは、不在票の問い合わせ番号を入力することなく特定のインターネットショッピングサイトについて、ウケトルと連携することで配送リストに自動で配送状況が表示されるようになります。

特定のインターネットショッピングサイトは以下の4つになります。

・Amazon
・楽天
・三越・伊勢丹
・舟納豆

正直この機能が一番便利だと思います。

連携さえしていれば、サイトで購入するだけで配送状況が配送リストに表示され、外出中でも再配達を依頼することができます。

連携の仕方ですが、まずはウケトルを開き「自動更新でもっと便利に!」をタップします。

後は連携したいサイトをタップし、それぞれのアカウントでログインするだけです。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

12月に入り今年もあと僅かですが、これからクリスマス、お正月、そして出会いと別れの季節がどんどんと迫ってきています。

イベントにプレゼントはつきもの。

これからインターネットショッピングで買い物をする時に、無駄な時間を取られぬように、そして、配達員の方に無駄な労力をかけないように是非「ウケトル」を使用してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK