初代iPod nano (第 1 世代) を交換プログラムで最新型に交換する方法

SPONSORED LINK

こんにちは、カモタです。

昨日家の中を掃除していると、こんなものが見つかりました。

こ、これは初代iPod nano(第1世代)ではありませんか!

発売された当初購入して使用していましたが、iPhoneが発売されてからは全く使わなくなり、家の奥底に眠っていました。

久方ぶりに発見したiPodを横目に、そういえば今iPodは何世代まで出ているんだろう?と思いiPodについて調べていると、以下のプログラムを見つけました。

iPod nano(第1世代)交換プログラムとは…?

なんでも以前販売していた対象のiPodを交換できるとのこと。(何と交換されるかは記載なし)

ということで今回はこのiPod nano(第1世代)交換プログラムを使って最新版のiPodを手に入れるまでを紹介します。


SPONSORED LINK

iPod nano (第 1 世代) 交換プログラム

なぜ、iPodを交換できるのか?

それは、ごく稀に以前販売していたiPodのバッテリーが加熱して安全上の問題を引き起こす可能性があるからです。

対象となるiPod nanoは2005年9月から2006年12月の間に販売されたもので、バッテリーの経年に伴って問題を引き起こす可能性は高くなるそうです。

安全上の問題もあるので、以前iPod nanoを購入された方で「もしかして?」と思った方は是非確かめてみてくださいね。

Appleサポートアプリでお問い合わせ

交換プログラムの内容を読んでいると、交換手続きをするにはAppleサポートへ電話をしないといけないことが判明しました。

ということで、以前使い方をマスターしたAppleサポートアプリを使ってAppleに電話したいと思います。

Appleサポートの詳しい使い方は以下の記事をご覧くださいませ。

【Apple】お問い合わせはチャットもできるAppleサポートアプリが便利

お問い合わせのカテゴリは「ハードウェアの問題」を選択します。

iPod nanoの裏に記載されているシリアル番号を入力します。

画像撮るの忘れてました…。

シリアル番号はiPod nanoの裏面に結構小さく記載されていますので入力する時は間違わないように注意しましょう。

シリアル番号の入力が終わったら「次へ」をタップします。

「お電話を差し上げます」と表示されたら完了です。

この画面が表示されてから1〜3秒でAppleサポートから電話がかかってきます。

2017年10月24日-Appleサポートへ電話

今回交換プログラムでお問い合わせして分かったことや聞かれたことをつらつらと書きます。

交換プログラム対象のiPod nanoは自宅にヤマトが集荷に来てくれるそうです。

名前を漢字でフルネーム、現住所と電話番号、どのようにして交換対象プログラムを知ったのかを聞かれます。

インターネットで交換プログラムを知ったことを伝えると、どのページから知ったのか詳細まで聞かれます。

次回お問い合わせするために必要な履歴番号が伝えられます。

ヤマトに集荷されてから最大で6週間以内に同等品が届くそうですが、詳しい内容は届いてからのお楽しみだそうです。

同等品が届いた時に必要になるiTunes同期の資料をメールアドレスに送付してくれます。

電話が終わってからすぐに修理のお申し込み完了のお知らせメールが届きました。

後は集荷に来るのを待つだけですね。

SPONSORED LINK

2017年10月25日-ヤマト集荷

Appleサポートへ電話をしてから1日でヤマトが集荷にきれくれました!

時間は18:30頃でしょうか、Appleサポートに電話をしてから1日で集荷に来てくれるなんて早いですね〜。

10年前に聞いていた曲達が入ったiPod nanoをそのままお渡しします。

iPod nanoを渡すと、依頼主控えが貰えます。

右上に¥248と記載してありますが、無料で集荷してもらえます。

何が起こるかわからないのでとりあえず同等品が届くまでは保管しておきます。

2017年11月03日-iPod nano 到着!

ついに、iPod nanoが到着です!

実は11月1日、11月2日にヤマトが来ていたんですが不在で受け取れていなかったので、ネットで再配達依頼をして結局11月3日の受取になってしまいました。

今回受取は11月3日でしたが、11月1日にはもう配達に来ていたので、Appleサポートに電話してから受取まで8日ですね。

届くまで最大6週間と聞いていたので「その頃には忘れてるわ!」と思っていましたが案外早く届きました。

届いた外箱です。

外箱を開けると、Lightning USBケーブル、白いシール、紙が見えます。

Lightning USBケーブル、白いシール、紙を取ると白い箱が!

箱の外に出してみるとこんな感じ。

紙はAppleからのお手紙(?)でした。

白い箱を開けるとiPod nanoが!

同等品とは「iPod nano 第7世代」のことでした。

約10年前に購入したものが最新のiPod nanoになるとは、最高ですね!

終わりに

みなさま、いかがでしたでしょうか。

今回は家に長年眠っていたiPod nano 第1世代を、Appleの交換プログラムを利用して最新版のiPod nano 第7世代に交換してもらうまでを書いてみました。

iPod nanoが最新になったことは嬉しいですが、昔のiPod nanoを集荷してくれる方にお渡しする時はちょっとだけおセンチな気分になりましたね。

中学校時代の思い出が詰まっていたので…。

ただ、そのまま放置していてもバッテリーに問題が出る可能性もあるのでこれでよかったのだと思います。

もし、皆様の家に初代iPod nano(第1世代)が眠っていしましたら、この交換プログラムを利用して新しいiPod nanoに交換してみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK