一人暮らしで作り置きの保存容器はiwaki(イワキ)がおすすめ!

こんにちは。

突然ですが、皆さんは「1週間のおかず」どうしていますか?

私は仕事から帰ってきて、食べる分だけをその日に作っていたのですが、最近では土日に1週間分のおかずを作り置きすることにはまっています。

仕事から帰ってきてから作っていては毎日一定の時間がかかってしまうので、平日の自分にとって作り置きしていたおかずはかなりありがたいものになります。

ということで今回は、一人暮らしの私が作り置きしたおかずを保存するためのおすすめの容器を買ってみたので紹介しようと思います。


SPONSORED LINK

Amazonでiwaki(イワキ)のパック&レンジを購入!

いろいろと保存容器の情報を探していると、プラスチックの容器は匂いや色がうつってしまうとのことなので、ガラス製の保存容器を買うことに決めました。

さらに、冷蔵庫に入っている作り置きのおかずをそのまま温めたいので、電子レンジが大丈夫である必要があります。

この条件で探してみたところ、ぴったし当てはまる保存容器が見つかりました。

それが、iwakiのパック&レンジです!

電子レンジがオッケーのみでよかったのですが、パック&レンジシリーズはオーブンでも使用可能とのこと。

早速購入してみました。

iwaki(イワキ)のパック&レンジシステムセットを開封!

Amazonからiwakiのパック&レンジのシステムセットが到着しました!

早速ダンボールから出して、開封していきます。

システムセットの内容は、200mlの容器が4個500mlが2個、最後にサイズが一番大きい1.2Lが1個の合計7個セットです。

全部並べてみました。蓋の色はグリーンにしてみたのですが、とても綺麗で良い色です。

iwaki(イワキ)のパック&レンジを実際に使ってみました!

早速作り置きのおかずを作ってパック&レンジに入れてみました。

もやし1袋を使って作ったもやしのナムルを一番大きいサイズの容器に入れてみましたが、まだまだ容量は余りそうです。もやし2袋でちょうど良いかもしれません。

人参2本で作った人参しりしりと、1枚の厚揚げを使って作った厚揚げの豚バラ巻きは500mlの容器に入れてみました。それぞれちょうど良い感じです。

重ねることもできますし、ガラス製なので中身が見えて残量がわかりやすいです。

250mlの容器はまだ使っていないので、今後使っていこうと思います。

まとめ:一人暮らしで作り置きの保存容器はiwaki(イワキ)がおすすめ!

タイトルに一人暮らしにおすすめと書きましたが、一人暮らし以外にもおすすめです。

作り置きをすると毎日の夕食におかずがプラスになりますし、お弁当のおかずとしても使えるので時間の短縮にもつながり、毎日の生活が楽になります。

皆さんもぜひiwakiのパック&レンジで作り置きをしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回私が購入したのはiwaki(イワキ)のパック&レンジシステムセットです。